2020年07月30日

大好きな水生昆虫の飼育⑥

先日、バックヤードで飼育しているミズカマキリの様子を見ようと蓋を開けたところ、

なにやら2個体が尾部と尾部を合わせていました。

 

蓋をあけた衝撃ですぐに離れてしまいましたが、

おそらく交尾をしていたのかと思います。

 

ミズカマキリは水際の陸地部分に産卵をするので、

それに見立てたスポンジを置いておくと、

3日後の休み明けに白い卵が産み付けられていました。

 

しっかり観察して無事に孵化できるように見守り続けていきます。

 

飼育スタッフ  山﨑

2020年07月28日

感染拡大防止対策実施中①

「マミズクラゲを見つけました。」と先日一般の方から連絡をいただきました。
本来なら「すぐに調査しに行きます。」となるところですが、
今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため調査に行きたい気持ちをグッとこらえ、
水族館で日々飼育と研究を行っています。
現在、水族館では新型コロナウィルス感染拡大防止のため、様々な対策を行っています。
ソーシャルディスタンスを守ろう!
イベントスペースでは「密」にならないように机を離し、人と人の距離を保つように心がけています。
「密」にならないようにイベント実施中!
また、普段の館内はどこから見ても良いように自由順路となっていますが、
今年は館内を一歩通行にして流れを作り、人が一箇所に集まらないようにしました。
安心して館内を見て頂けるようにこれからも努力を重ねていきます。
飼育スタッフ 西中
2020年07月27日

マミズクラゲ飼育話⑥

7月21日(火)のブログにて「ポリプの刺胞」について紹介しましたが、

ポリプだけではなく、マミズクラゲの触手にも刺胞があります。

海のクラゲと比べると触手は短めです。

刺胞の内部には管状の毒針と毒液が入っており、

外部からの刺激があるとこの毒針が飛び出す仕組みになっています。

クラゲの刺胞毒は人間に対して強いものもあれば、弱いものまで様々です。

海で見られるアンドンクラゲやカツオノエボシ、ハブクラゲなどの刺胞毒はかなり強く、

人間の死亡例があるほどなので知っている方も多いと思います。

 

マミズクラゲの刺胞毒は人間に対して弱いと言われていますが、

万が一の事があるため、野生の池や湖などで見つけても素手では触らず、

プラスチックケースなどに入れて観察してみてください。

綺麗なものには毒があるとはまさにこのこと。

飼育スタッフ 西中

2020年07月24日

大好きな水生昆虫の飼育⑤

前回まではタガメばかりの紹介でしたが、

今回は「コオイムシ」を紹介します。

 

タガメと同じカメムシの仲間であり、

メスがオスの背中に卵を産みつけ、孵化するまでオスがお世話をすることが特徴です。

 

現在展示には出ていませんが、バックヤードで飼育しています。

オスの背中に産み付ける瞬間を見たいと毎日観察を続けていますが、

なかなか見ることが出来ません。

そろそろ産卵するかな?と思っていると、

気がついたら既に産卵が終わってしまったということもあります。

 

その瞬間が見れるように、今後も観察を続けていきます。

 

飼育スタッフ 山﨑

2020年07月21日

マミズクラゲ飼育話⑤

7月も中旬になり、ようやく夏の気配が感じられるようになりました。
水族館は毎週火曜日が休館日ですが、夏休みということで7月21日から8月31日までの火曜日はすべて開館しています。
さて、7月14日のブログにて「ポリプの口」について紹介したところ、
来館された方からポリプの先端にあるトゲトゲしたものは何ですか?と質問を受けました。
トゲトゲしています
これは「刺胞」という器官で、ポリプの口を囲むように付いています。
この刺胞を使って餌を捕まえ、口からポリプの体内に餌を取り込んでいきます。
石や藻などに固着し自力であまり動くことができないからこそ、この刺胞はポリプが生きるために必要な器官です。
飼育スタッフ 西中
2020年07月20日

好きすぎるんです②

現在水族館では、特別展「飼育スタッフの好きすぎる生き物展」を開催しています。

5月25日のブログ「好きすぎるんです①」に引き続き今回も、私の選んだ好きすぎる生き物を紹介します。

私の推し生き物は、ずばりツチノコです。

あ!ツチノコ!

というのは冗談で、まるでツチノコのような見ためをしている「アオジタトカゲ」です。

体に比べて頭が大きく、手足がとても小さいため、移動する際は歩くというより泳ぐように地面を進みます。(好きすぎるポイントその1)

また、名前の由来となる青い舌は、エサを食べているとき以外はなかなか見ることができません。(好きすぎるポイントその2)

もし飼育スタッフが給餌をしていたら、口の中まで観察してみてください。

エサを求めて寄ってくる姿も本当に可愛らしいです。(好きすぎるポイントその3)

飼育スタッフ 一見

2020年07月19日

季節外れのキノコ狩り?

今日の業務中、バックヤードで休憩しているフトアゴヒゲトカゲの鼻の孔からエノキタケ(きのこ)が生えているのを見かけたので、収穫してみました。

鼻からキノコが?!

実はこれ、本物のきのこではなく脱皮ガラです。

フトアゴヒゲトカゲは、鼻の中まで脱皮をするのですが、よく鼻の皮が取り残されていることがあります。

それを取り除いた際に取れる脱皮ガラがエノキタケのように見えることから、飼育者の間では“鼻エノキ”と呼ばれています。

実際に収穫したのは今回がはじめてだったので、とても貴重な体験をすることが出来ました。

フトアゴヒゲトカゲ産のエノキタケ

収穫した鼻エノキは、どこからどう見ても乾燥したエノキタケでした。

飼育スタッフ 一見

2020年07月15日

オタマジャクシ、カエルになっておったまげ~

 

6月30日(火)のブログで紹介したオタマジャクシから変態途中だった

ヤマアカガエルが、ついにカエルの姿になりました。

きれいに尾鰭がなくなり、姿は一般的なカエルと同じになりましたが、

成体と比べると若干顔つきが幼く見えます。

動き方もヨチヨチしていて、とても可愛らしいです。

 

今回でオタマジャクシの変態の紹介は終わりですが、

何か変化があればブログで紹介していくので、今後もカエルの成長をお楽しみに。

 

飼育スタッフ 古根川

2020年07月14日

マミズクラゲ飼育話④

7月2日のブログで「マミズクラゲのフラスチュールの分離」を紹介しましたが、
その後、ほとんどの個体がフラスチュールからポリプになり、エサとなるアルテミア幼生を食べ始めました。
ポリプになり始めの頃は口(くち)が1つしかありませんが、
エサを食べて成長することで、2つ、3つと増えていきます。
真ん中の丸が口の部分です
私が観察したなかでは「6つ」の口を持つポリプもいました。
6つの口を持つポリプがなんと2つも!
どこまでポリプの口が増えて、6つ以上の口を持つポリプが現れるのか。
楽しみながら日々観察と飼育をしています。
飼育スタッフ 西中
2020年07月13日

飼育スタッフの思い出の魚

現在開催中の「飼育スタッフの好きすぎる生き物展」から、今回は「グッピー」をご紹介します。

 

グッピーは初心者向けの熱帯魚として広く知られていて、オスの色がとてもキレイになることで有名です。

きれいになるのは男の子

 

また、繁殖もさせ易く水槽内で次々と稚魚が生まれてきています。

自宅でも繁殖させたことがある思い出の魚。

 

見慣れた魚ですが、私が初めて飼育した熱帯魚としても思い出深い魚なので、

これを機にぜひ観察してみてください。

 

飼育スタッフ 鷲雄