2022年01月28日

遠い存在になってしまった

毎日たくさんのニュースが出る中、

生き物に関わるニュースを目にする機会は少なくありません。

 

1月24日には「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令」が施行され、

ニュースに上がっていました。

 

これは、「国内希少野生動植物種」と「特定第二種国内希少野生動植物」に32種類もの生き物が新たに指定され、

対象の動植物は採捕譲渡販売規制されました。

中でも、今回サンショウウオの仲間が26種類追加されました。

 

山梨県に生息するサンショウウオも対象種となっており、

アカイシサンショウウオ」と「ヒガシヒダサンショウウオ」が追加されています。

 

数年前までネットオークションやペットショップにサンショウウオの成体や卵塊が販売されることもあり、

物珍しさからかなり高値で取引され問題となっていました。

 

また、一部のマニアによる乱獲や、生息する場所の環境悪化工事等もあり、

それらの背景から多くのサンショウウオの仲間が生息数を急激に減らしています。

 

私は野生下で「アカイシサンショウウオ」をまだ一度も見たことがなく憧れのサンショウウオでしたが、

今回新たに指定種となったことで採捕が規制され、

アカイシサンショウウオがかなり遠い存在になってしまった事はとても残念です

 

様々な生き物を展示するだけでなく、

現在の野生の生き物にどのような変化があるのか、

良い面も悪い面もお客様に伝えられるように頑張りたいと思います。

 

飼育スタッフ  山﨑

2022年01月27日

ホトケドジョウ水槽の様子

 

以前ご紹介した新レイアウト水槽のホトケドジョウ達は元気に過ごしています。

写真を撮っていると、餌をもらえると勘違いして近寄ってきてくれました。

 

この水槽で展示しているホトケドジョウは、一昨年水族館で繁殖した個体です。

孵化してから1年と8カ月ほど経っており、そろそろ成熟が始まる頃です。

まだ少し体が小さいですが、今年は展示水槽での繁殖ができるのでは?と密かに期待しています。

 

飼育スタッフ 古根川

2022年01月24日

早いのは誰だ

新年なって早くも最初の1か月が過ぎようとしています。

 

12月から1月にかけて気温の低い日が続きましたが、

私の経験だとこの寒い1月は野生の生き物が一番見られない時期です。

その理由は多くの生き物が冬眠をしてしまうからです。

 

しかし、こんなに寒い中に早くも繁殖期を迎える生き物がいます。

図鑑などを見る限り、

「ニホンアカガエル」が1月頃から繁殖が始まり、

両生類の中で一番早く、なかには12月に始まる個体もいるようです。

 

残念ながらこのニホンアカガエルは山梨には生息していません

そして、私も野生個体は見たことはありません。

 

山梨県で早くに繁殖が始まる両生類は「ナガレタゴガエル」で、

2月頃から始まります。3年連続で観察していますが、

その場所では2月10日前後です。

 

早くたくさんの生き物に出会える季節が待ち遠しいです。

 

育スタッフ 山﨑

2022年01月23日

今日のアカハライモリ⑳

前回のブログ“今日のアカハライモリ⑲”から約2ヵ月が経ちました。

給餌トレーニングを毎日行った結果、すべてのイモリたちがピンセットに反応するようになりました。

今では毎日エサの争奪戦が行われています。

エサ待ち中…

上陸したての頃はどの個体も水を嫌がり陸上にいましたが、最近は水に入っている個体をちらほら見るようになりました。

少しずつ大人と同じ生活をし始めていることに成長しているのを実感します。

今後もイモリの幼体に変化があり次第、ブログで紹介したいと思います。

飼育スタッフ 一見

2022年01月22日

寒いけど綺麗

水族館がある忍野村ではかなり寒い日が続いています。

来週の天気予報では雪マークが付いているので、路面の凍結にはお気をつけ下さい。

 

また、この時期になると水族館1階エレベーター横の外には滝の水が飛んで大きな氷柱が出来上がります。

氷柱がどのくらいの大きさになったのか、毎年密かに楽しみにしています。

もっと大きくなります

他にも足元を見ると、水が飛んだ部分が凍っていたり、かなり立派な霜柱があったりします。

冷たい風が吹くとカメラ持つ手が震えます

寒い冬にしか見る事が出来ない美しい光景です。

飼育スタッフ 西中

2022年01月21日

水族館の『掃除屋』

水族館1階の水草水槽には飼育スタッフの代わりに水槽を掃除してくれる「掃除屋」が3種類います。

「ヤマトヌマエビ」、「ミナミヌマエビ」、「ボウズハゼ」の3種類です。

 

ヤマトヌマエビとミナミヌマエビは一般的なアクアリウムの掃除役としても有名で、

水槽内に繁茂してきたコケを食べてきれいにしてくれます。

ミナミヌマエビ                      ヤマトヌマエビ

 

ボウズハゼは口が吸盤上になっていて、

石や壁に張り付いて生えているコケを食べてきれいにしてくれます。

ボウズハゼ

 

それぞれ飼育スタッフの手の届かないところまで掃除してくれるので、とても助かっています。

 

飼育スタッフ 鷲雄

2022年01月20日

二重回遊水槽の搬入作業

 

今日は二重回遊水槽用の魚の搬入作業を行いました。

今回やってきた魚はみなさんご存じの「ニジマス」です。

全部で80匹100kg近い量ですが、うち30匹はアルビノ個体のニジマスです。

養鱒場からトラックで運ばれてきたニジマスたちは、一旦水族館の水に慣れさせてから水槽へ搬入します。

搬入は全て人力で行うので真冬でも一汗かいてしまうほど大変です。

新しく来た魚は無事水槽で泳いでくれているので一安心です。

 

飼育スタッフ 古根川

2022年01月17日

水中カメラ再開しました!

最近、水族館の周りは良い天気の日が続いています。

朝一は空気が澄んで富士山がとても綺麗に見えるので、

通勤途中にも関わらず車を止めて写真を撮ってしまいます。

迫力もあります

さて、水族館の2階には水中カメラが設置されています。

しばらくの間調整中でしたが、少し前に再開しました。

触る前はアルコール消毒を忘れずに!

モニター下にボタンがあるので、それを押すと二重回遊水槽の中にある水中カメラが動く仕組みになっています。

魚たちと同じ目線になるので、一緒に泳いでいるような感覚になります。

是非、水中カメラを動かしながら魚たちを観察してみて下さい。

飼育スタッフ 西中

2022年01月16日

小さなカヤネズミ④

つい最近新年初の雪が降ったかと思えば、なんとカヤネズミも今年初の繁殖を行っていました。

これで水族館のカヤネズミが繁殖するのは4度目になります。

通常カヤネズミの繁殖期は九州などの南部地域では秋と春の2回で、関東では夏の1回ですが、水族館では秋から冬にかけて毎月(別個体のメスが交互に)繁殖しています。

この時期のみ繁殖するのは全国的にも珍しいので、今後は繁殖時期や飼育条件などを細かく記録していこうと思います。

また変化があったらブログにて報告します。

スタッフの爪をかじる元気な子が産まれたよ

飼育スタッフ 一見

2022年01月15日

新展示レイアウト水槽完成!

以前からブログでお伝えしていた新展示のレイアウト水槽がようやく完成しました。

今回のレイアウト水槽は「水が流れる湧水池」をイメージして作製しました。

レイアウト完成!

 

陸地部分に水路があり、その最上部から水が流れ、水たまりに溜まった水があふれ出るような流れになっていて、

自然の湧水池付近の水流を再現しています。

 

水たまりには湧水池などでよく見られる植物のセリを植えています。

写真左端の植物がセリです。いい感じ。

 

この水槽では湧水池を生息場所にしている「ホトケドジョウ」を展示しています。

水草に隠れるホトケドジョウ。かわいい。

 

ホトケドジョウは環境省のレッドリストでは絶滅危惧ⅠB類に指定されている希少種で、生息環境の悪化などにより数が減っている魚です。

 

この水槽を見て魚だけでなく、その周りの環境についても知っていただけたら嬉しいです。

 

飼育スタッフ 鷲雄