2020年06月07日

仲良く日向ぼっこ

ウッドデッキのビオトープには2匹のクサガメがいます。

 

いつも中央の浮島で気持ちよさそうに日向ぼっこをしていますが、

今日は2匹重なって仲良く日向ぼっこをしていました。

踏みつけられるクサガメ

 

のんびりしたクサガメたちを見ていると、なんだか私たちものんびりした気分になってきます。

 

クサガメたちには太陽の光をたくさん浴びて、健康で長生きしてほしいです。

カメは万年・・・とまではいかないけれど長寿を願ってます。

 

飼育スタッフ 鷲雄

2020年06月06日

今日のアカハライモリ その⑦

アカハライモリの幼生が生まれて3週間が経過しました。

初めの頃はアルテミアという小さな甲殻類を与えていましたが、今では刻んだ赤虫をもりもり食べるようになるまで成長しました。

お腹いっぱいのアカハライモリ

見た目の変化としては、小さな後ろ足が生えてきているのが分かります。

尻尾の付け根に小さな後ろ足

今のところはよく食べてよく成長しているので、このまま順調に成体に変体してほしいです。

これからもアカハライモリの成長に変化があればブログでお届けしていきたいと思います。

飼育スタッフ 一見

2020年06月05日

マミズクラゲの連続展示記録1000日達成!

2017年9月9日から展示が始まり、2019年2月25日に連続展示記録が国内1位になったマミズクラゲですが、

本日(6月5日)連続展示記録が1000日を迎えました。

マミズクラゲ

また、連続展示記録1000日に向けてリニューアル作業をしていた

「マイクロアクアリウムコーナー」も完成し、本日から展示が始まりました。

ついに完成!

今回のリニューアルでは、大人から子供まで幅広く楽しみながら学べるように、

館内で初めて「ハンズオン展示」を取り入れました。

沢山工夫をしました!

引っ張ったり、開けたりしながらマミズクラゲやプランクトンについて学ぶことができます。

 

目標だった連続展示記録1000日を迎えることができてほっとする反面、

多くの謎が残っているマミズクラゲの生態解明、飼育方法の確立に向けて頑張らないといけないなと改めて思いました。

これからも展示がずっと続くように飼育・研究を行っていきます。

飼育スタッフ6人でこれからも頑張っていきます!

飼育スタッフ 西中

2020年06月02日

オタマジャクシ、○○が生えておったまげ~ part.2

 

5月21日に紹介したオタマジャクシの足ですが、ついに皮膚から飛び出してきました。

見た目もかなり大きくなり、前回は分かりづらかった関節もはっきりと見えます。

指もカエルらしい形になってきました。

 

まだ足が生えていない個体もいますが、順調に成長しているので、引き続きオタマジャクシの変化をお楽しみください。

 

飼育スタッフ 古根川

2020年06月01日

ナンバーワンお掃除役

4月24日(金)のブログにて外池でアユの展示が始まりましたとお伝えしました。

そこから1ヶ月以上経過しましたが、その間に外池にとある変化がありました。

それは、水槽や石に付いた苔をアユが食べてキレイになったことです。

before(前)
after(後)

アユが苔を食べる前は外池に入るだけで石に付いた苔が浮き上がり、外池の水が濁ってしまいました。

しかし、今は外池に入っても濁ることがなく水槽の掃除をすることができます。

お掃除役として大活躍中のアユには毎回感心してしまいます。

入り口付近ではアユの群れを見ることが出来ます。

飼育スタッフ 西中

2020年05月31日

水族館の小さな登山家たち

4月12日のブログ「今日のアカハライモリその④」でカエルによじ登る登山家なイモリを紹介しましたが、今回は水草水槽にいる登山家な生き物を紹介します。

その生き物は、水槽のアゼでよく甲羅干しをしているニホンイシガメです。

より日当たりのいい場所を目指して、よくお互いの背中によじ登っています。

イシガメ山に登る二ホンイシガメ

一生懸命登ろうとするその姿は、何度見ても可愛いです。

飼育スタッフ 一見

2020年05月30日

必殺!シャコパンチ!

水族館では現在特別展「飼育スタッフの好きすぎる生き物展」を好評開催中ですが、今回は私のイチオシの生き物「モンハナシャコ」をご紹介します。

 

モンハナシャコはシャコの一種でエビやカニと同じ甲殻類です。

鮮やかな体色をしていて、捕脚と呼ばれる前足を持っているのが特徴的です。

 

この捕脚を使って貝などをたたき割ってエサにしています。

 

通称「シャコパンチ」とも呼ばれ、プロボクサーよりも速いと言われています。

 

また、視力もとても優れていて人間の10倍に当たる10万色を見分けることができるとも言われています。

 

見た目は少し不気味ですが、持っている能力が凄すぎるところがかっこよくて大好きです。

 

魅力満点なモンハナシャコをぜひ観察してみてください。

 

飼育スタッフ 鷲雄

2020年05月26日

マイクロアクアリウムコーナーリニューアル③

マミズクラゲを展示している「マイクロアクアリウムコーナー」のリニューアルですが、

水槽台の骨組みが出来上がり、いよいよ大詰めに近づいてきました。

骨組み完成!

これからは板やパネルを貼り付ける大掛かりな作業になるので、

マミズクラゲの成体は一時的に水族館1階スロープ前に引っ越しました。

しばらくはスロープ前で展示します。

現在、マミズクラゲをガラスコップに入れて展示をしていますが、

コップ自体が円柱になっているので、写真が撮りにくいことや、大きさが分かりづらいという欠点がありました。

そこで、リニューアルに合わせてガラスコップから見やすく写真が撮りやすいガラス水槽に変更することにしました。

左:変更後の水槽 右:今までのガラスコップ

ガラス水槽は実際にクラゲを入れて、触手などが取れないか、弱ったりしないか、

メンテナンスがしやすいかなど時間をかけて試し、一番良い水槽を選びました。

リニューアルまで残り10日ですが、楽しみながら学べるコーナーになるように製作を頑張ります。

飼育スタッフ 西中

2020年05月25日

好きすぎるんです①

現在水族館では5月22日(金)~11月2日(月)の期間中、特別展「飼育スタッフの好きすぎる生き物展」を開催しています。

今回は、その中から私が選んだ好きすぎる生き物の1種類を紹介します。

私の推している生き物は、日本産の有尾類であるハコネサンショウウオです。

ハコネサンショウウオ(幼体)

幼体の時の可愛らしい顔つきが好きすぎるポイントでもありますが、指先についている小さな黒い爪にも注目してほしいです。

よく見てみると実は結構鋭い爪をもっているのです。

ハコネサンショウウオは、水族館2階の企画展コーナーにて展示しています。

是非その可愛らしい顔つきと小さな爪を観察してみてください。

飼育スタッフ 一見

2020年05月23日

新展示「おいしい水族館展」

以前からお伝えしていた新展示の水槽台ですが、ついに完成しました。

 

その名も「おいしい水族館展」です。

 

ニジマスやヤマメなど、山梨県で養殖が盛んに行われている生き物を中心に展示をしています。

 

「おいしそう!」と思って生き物を見て頂けたらうれしいです。

 

また、展示している生き物を飼育スタッフが実際に料理したレシピも掲載しているので興味のある方は手に取ってみてください。

ニジマスのかんたんレシピ

 

※「おいしい水族館展」は5月22日(金)~9月7日(月)まで開催しています。

生き物の状態により内容を随時変更します。ご了承ください。

 

飼育スタッフ 鷲雄