2019年10月05日

小さなクレーター

今年の10月は、流星群がよく流れる月になるそうです。

そんな流れ星がたまに地球に落ちて来てニュースになることがありますよね。

流れ星が落ちて出来たくぼみを“クレーター”と呼びますが、

実はこのクレーター、水族館でも確認することが出来ます。

それは、カエルを展示しているいくつかの水槽に現れます。

特別展の水槽に小さなクレーターが2つ

カエルが地面に留まるとき、まわりの土や植物を押しのけてスペースを作ります。

その留まっていた跡がクレーターに見えることから、私は“カエルクレーター”と呼んでいます。

ベルツノガエルのクレーターでした

残念ながら水族館のクレーター近くに流れ星は落ちていませんが、

クレーターを作った犯人であるカエルは近くにいますよ。

犯人(トノサマガエル)左、カエルクレーター右

飼育スタッフ 一見

2019年10月04日

タガメの成長記録Part4

前回の投稿から1週間が経ち、

今日タガメが脱皮をして4令幼虫になりました。

1令と4令を比べると体は約3倍にまで大きくなりました。

この幼虫ですが、

実は1匹に対して1つの部屋となるように飼育します。

 

幼虫の時から食欲旺盛で共食いが激しく起こるので、

ネットを使って個別に仕切って飼育しています。

このようにすることで、共食いを防げる事と、

しっかり1匹ずつエサを与えられるなどの管理もしやすくなります。

 

このまま順調に成虫になってくれることを願うばかりです

 

飼育スタッフ 山﨑

2019年10月03日

「ウオ」だけど魚ではありません

 

以前から様々なカエルを紹介していますが、今回はカエルと同じ両生類の仲間のサンショウウオです。

サンショウウオと聞くと1mを超えるオオサンショウウオが有名ですが、

それ以外に日本で確認されている約20種のサンショウウオは10~20cm程と、どれも小さな生き物です。

 

アカイシサンショウウオ

現在展示に出ているのは「アカイシサンショウウオ」の1種類のみですが、

山梨県には他に「ヒダサンショウウオ」や「ハコネサンショウウオ」などが確認されています。

ハコネサンショウウオ幼体

 

これから季節は冬に入りますが、ちょうどサンショウウオ達の産卵シーズンにもなります。

野外調査なども紹介したいと考えているので今後の情報にご期待ください。

 

飼育スタッフ 古根川

2019年10月01日

世界のカエル大集合!カエルーワールドカップ!

昨日から水族館は展示変更で大忙しです。

大好評だった特別展「金魚のお祭り~夏の大金魚展~」も終わり、

10月2日(水)からは特別展「世界のカエル大集合!カエルーワールドカップ」が始まります。

フライッシュマンアマガエルモドキ

 

今回も大金魚展に引き続き、水族館の1、2階の企画水槽スペースで行うので、

様々なカエルやカエルにちなんだ生き物を約22種類観察する事が出来ます。

アマフクラガエル

体の色が鮮やかなカエルや、大きさが人の手のひら以上あるカエルなどを展示するのでご期待ください。

コバルトヤドクガエル

飼育スタッフ 西中

2019年09月30日

みんな違ってみんな良い ~カエル編~ Part.2

 

突然ですが、皆さんはカエルの捕食シーンを見たことはありますか?

以前からカエルの特徴をいくつか紹介していますが、今回は「舌」を見ていきます。

 

よく漫画やアニメなどでは、カエルの舌はカメレオンのようにビヨーンと伸びる描写がされていますが、

よく伸びる種類とあまり伸びない種類がいます。

アマガエルやタゴガエルなどの小さなカエルはあまり長く伸びませんが、ヒキガエルの仲間は長い舌で捕食します。

 

今回は映像を切り取った画像で紹介していますが、もっと詳しく見たいという方は、

エサをあげている時があるので、ぜひご自身でお確かめください。

 

飼育スタッフ 古根川

2019年09月29日

真っ赤なお腹の~♪

水族館の両生類コーナーには、日本の両生類には珍しい派手な色の生き物がいます。

それは、アカハライモリです。

両生類コーナーの一番大きな水槽にいます

ぱっと見は黒一色の地味な色をした生き物に見えますが、

名前にも付いている通り、お腹側が派手な赤色をしています。

赤いお腹に黒い模様が特徴的

実は、アカハライモリにはフグと同じテトロドトキシンという毒を少しだけ持っています。

毒を持っていることを天敵に知らせるために、お腹の派手な赤色が重要な役割を果たしているのです。

また、お腹の模様が同じ個体はいません。

人間の指紋と同じ様に、彼らのお腹の模様は十イモリ十色(十人十色)です。

赤い所が少ない個体も

生息している地域によっても模様が異なるので、利きイモリをしてみるのも楽しいですよ。

水族館にいるイモリや家で飼っているイモリを見分けてみましょう!

飼育スタッフ 一見

2019年09月28日

ビオトープにも秋が来た!

9月も終わりが近づき、肌寒い日が増えてきました。

 

水族館2階ウッドデッキのビオトープも徐々に秋らしくなってきました。

 

こちらはキショウブの種です。

実が弾け、中に種がつまっている様子を撮影することが出来ました。

こちらの植物は、種類は分かりませんが穂が実っていました。

 

他にも多くの植物の色が変わってきたり、枯れ始めたりしていて

秋が深まっていくのを実感しました。

飼育スタッフ 鷲雄

2019年09月27日

タガメの成長記録 Part3

2令幼虫になってから約一週間で3令幼虫になり、

1令幼虫の時に比べると、体長は2倍ほどに大きくなりました。

 

現在はこの幼虫たちにヒメダカをエサとして与えています。

しっかりと自分の体を支えるように後脚で水草につかまり、

タガメの象徴ともいえる前脚でエサを捕らえます。

 

 

もうすでに成虫の風貌がうかがえますが、

これから更に3回の脱皮を経て成虫となります。

 

今いる個体すべてが成虫になれるように私もしっかりと飼育をしたいと思います。

飼育スタッフ 山﨑

2019年09月26日

みんな違ってみんな良い~カエル編~

 

以前、「カエルとかくれんぼ」と題して、蓋の隙間に隠れるカエルたちを紹介しましたが、

あまり隠れないカエルたちもいます。

アズマヒキガエル

体の大きいアズマヒキガエルやヤマアカガエルはあまり上へ登ろうとはしないのですが、

実は彼らは壁を登るのが苦手なのです。

 

「カエルなのにどうして?」と疑問に思いますよね。

カエルの特徴は何かと聞かれれば、伸びる舌や周りに合わせて色が変化する肌などの他に、

吸盤を持つという特徴を思い浮かべると思います。

ヤマアカガエルの足裏をよく見ると

実は全てのカエルが吸盤を持っているわけではなく、日本産のカエルでは上の2種以外に、

トノサマガエルなどが吸盤を持っていません。

トノサマガエル

こういったカエルたちは、吸盤の代わりに力強い足腰をしており、

地上での移動や大ジャンプが得意です。

 

同じカエルでも棲む環境によっていろんな特徴があるので、

そういったポイントに注目して見るのも面白い見方の1つです。

 

飼育スタッフ 古根川

2019年09月24日

大きなミジンコ、その名は「オオミジンコ」

水族館2階にあるマイクロアクアリウムコーナーでは、

マミズクラゲ以外にマミズクラゲのポリプやスカシタマミジンコなどを顕微鏡で見ることができます。

今回、新たに「オオミジンコ」の展示を始めました。

ピョンピョン泳いでいます

オオミジンコが属するミジンコ属はカニやエビと同じ甲殻類の仲間です。

タマミジンコに比べると大きさが2倍以上あり、肉眼でもはっきり分かるくらい大きなミジンコです。

腕のように伸びた触覚を使って、ピョンピョンと泳いでいる姿がなんとも可愛らしいので、

泳ぎ方にも注目して頂ければと思います。

飼育スタッフ 西中