2020年07月20日

好きすぎるんです②

現在水族館では、特別展「飼育スタッフの好きすぎる生き物展」を開催しています。

5月25日のブログ「好きすぎるんです①」に引き続き今回も、私の選んだ好きすぎる生き物を紹介します。

私の推し生き物は、ずばりツチノコです。

あ!ツチノコ!

というのは冗談で、まるでツチノコのような見ためをしている「アオジタトカゲ」です。

体に比べて頭が大きく、手足がとても小さいため、移動する際は歩くというより泳ぐように地面を進みます。(好きすぎるポイントその1)

また、名前の由来となる青い舌は、エサを食べているとき以外はなかなか見ることができません。(好きすぎるポイントその2)

もし飼育スタッフが給餌をしていたら、口の中まで観察してみてください。

エサを求めて寄ってくる姿も本当に可愛らしいです。(好きすぎるポイントその3)

飼育スタッフ 一見

2020年07月19日

季節外れのキノコ狩り?

今日の業務中、バックヤードで休憩しているフトアゴヒゲトカゲの鼻の孔からエノキタケ(きのこ)が生えているのを見かけたので、収穫してみました。

鼻からキノコが?!

実はこれ、本物のきのこではなく脱皮ガラです。

フトアゴヒゲトカゲは、鼻の中まで脱皮をするのですが、よく鼻の皮が取り残されていることがあります。

それを取り除いた際に取れる脱皮ガラがエノキタケのように見えることから、飼育者の間では“鼻エノキ”と呼ばれています。

実際に収穫したのは今回がはじめてだったので、とても貴重な体験をすることが出来ました。

フトアゴヒゲトカゲ産のエノキタケ

収穫した鼻エノキは、どこからどう見ても乾燥したエノキタケでした。

飼育スタッフ 一見

2020年07月15日

オタマジャクシ、カエルになっておったまげ~

 

6月30日(火)のブログで紹介したオタマジャクシから変態途中だった

ヤマアカガエルが、ついにカエルの姿になりました。

きれいに尾鰭がなくなり、姿は一般的なカエルと同じになりましたが、

成体と比べると若干顔つきが幼く見えます。

動き方もヨチヨチしていて、とても可愛らしいです。

 

今回でオタマジャクシの変態の紹介は終わりですが、

何か変化があればブログで紹介していくので、今後もカエルの成長をお楽しみに。

 

飼育スタッフ 古根川

2020年07月14日

マミズクラゲ飼育話④

7月2日のブログで「マミズクラゲのフラスチュールの分離」を紹介しましたが、
その後、ほとんどの個体がフラスチュールからポリプになり、エサとなるアルテミア幼生を食べ始めました。
ポリプになり始めの頃は口(くち)が1つしかありませんが、
エサを食べて成長することで、2つ、3つと増えていきます。
真ん中の丸が口の部分です
私が観察したなかでは「6つ」の口を持つポリプもいました。
6つの口を持つポリプがなんと2つも!
どこまでポリプの口が増えて、6つ以上の口を持つポリプが現れるのか。
楽しみながら日々観察と飼育をしています。
飼育スタッフ 西中
2020年07月13日

飼育スタッフの思い出の魚

現在開催中の「飼育スタッフの好きすぎる生き物展」から、今回は「グッピー」をご紹介します。

 

グッピーは初心者向けの熱帯魚として広く知られていて、オスの色がとてもキレイになることで有名です。

きれいになるのは男の子

 

また、繁殖もさせ易く水槽内で次々と稚魚が生まれてきています。

自宅でも繁殖させたことがある思い出の魚。

 

見慣れた魚ですが、私が初めて飼育した熱帯魚としても思い出深い魚なので、

これを機にぜひ観察してみてください。

 

飼育スタッフ 鷲雄

 

2020年07月12日

今日のアカハライモリ その⑧

今年の5月に水族館で生まれたアカハライモリの幼生ですが、1か月前に比べて体色が黒っぽくなり成体と同じ色に近づきました。

名前の由来にもなっているお腹の赤い模様はまだ確認できませんが、順調に成長しています。

今はまだシロハライモリ

最近は、赤虫を与えるだけ食べてしまうせいでお腹がパンパンになっています。

むっちり体系な幼生

アカハライモリの死因第一位は“食べ過ぎ”なので、エサを与える量には気を付けないといけません。

これからもアカハライモリの幼生飼育を頑張ります。

飼育スタッフ 一見

2020年07月10日

モンハナシャコの脱皮

水族館のバックヤードで飼育しているモンハナシャコが脱皮しました。

 

甲殻類の仲間は生きているそのままの姿で脱皮をするので、

どんな抜け殻になるか毎回楽しみにしているのですが、今回のモンハナシャコの脱皮殻は今まで自分が見てきた中で一番きれいでした。

安心してください。抜け殻です。

 

また、特徴的な尾扇(びせん)と呼ばれる部分もきれいな色と形を残したまま脱皮してくれました。

扇のような形の尾扇(びせん)

 

きれいな形で保存していつか皆さんにお見せできればいいなと思います。

 

飼育スタッフ 鷲雄

2020年07月07日

大好きな水生昆虫の飼育④

6月末に生まれたタガメの幼虫は

順調に成長し、既に100匹を超える全ての幼虫が2令になりました。

 

脱皮直後の体色はきれいな黄色をしていて、

時間が経つと徐々に黒色へ変化していきます。

 

脱ぎ捨てられた脱皮殻は、

まさに言葉通りの「もぬけの殻」です。

 

飼育スタッフ 山﨑

2020年07月06日

マミズクラゲ飼育話③

7月2日のブログにて「フラスチュールの分離」をご紹介しました。
今回は「ポリプの換水」について紹介します。
換水は週に2回、ポリプに餌を与えてから約2時間後と翌日に行っています。
丁寧に換水をします
ポリプの餌は「アルテミア幼生」を使用していますが、この餌は海水で育つため、
淡水で満たされているシャーレに入れると2、3時間で死んでしまいます。
餌が死んでしまうと水が悪くなってしまうので、そうなる前に換水を行います。
キレイに換水したつもりでも、シャーレの中にアルテミア幼生が少し残っている場合があるため、
翌日にも同じ作業を行います。
アルテミアを食べてオレンジ色のポリプたち
換水作業は少し大変ですが、
ポリプを元気よく育てるためには欠かせない作業です。
飼育スタッフ 西中
2020年07月05日

飼育スタッフの好きすぎる生き物展(ミニ)

現在開催している特別展示「飼育スタッフの好きすぎる生き物展」では、飼育スタッフそれぞれが選んだ推し生物を展示しています。

しかし、飼育スタッフが推す生き物はこれだけではありません。

皆様にご紹介したい好きすぎる生き物がまだまだ沢山ある為、今回のマンスリー水槽は「好きすぎる生き物展ミニ」にしてみました。

今月の生き物は、飼育スタッフ一見の推し生き物である「シリケンイモリ」です。

アカハライモリと同じようにお腹が派手な色をしていますが、

背中にも細かい金箔のような模様が散りばめられているのが特徴的な日本固有種のイモリです。

動きはゆっくりしていますが、陸地や水辺をのんびり動き回る姿は見ごたえ抜群です。

水族館のエントランスにて7月いっぱいまで展示していますので、ぜひ時間をかけて観察してみてください。

ハート作成中なシリケンイモリ

飼育スタッフ 一見