2018年01月27日

変わりものを集めました

本格的な冬の到来を迎え、水族館がある忍野村も寒い日が続いています。
朝一に館内の見回りをしていると、水族館1階エレベーター横の外に大きな氷柱が出来ているのを発見しました。
氷柱の大きさと迫力には毎年圧倒されます。
1月17日(水)から特別展「変わりもの展」が始まりました。
今回その中から紹介する生き物は「サカサクラゲ」です。
一見するとイソギンチャクに見えますが、れっきとしたクラゲの仲間です。
傘の中部分が吸盤になっており、名前の通り常に逆さ向きで砂や水槽に張り付いているのが特徴です
体内にぎっしり詰まった藻類と共生していて、必要な栄養分の最大90パーセントをそこから得ていると言われています。
共生する量によって体の色が変わり、青や黄色、白色など様々なので、
姿かたちだけではなく色にも注目して頂ければ嬉しいです。
飼育スタッフ 西中
2018年01月20日

冬の移動水族館

今年の冬も、甲府市遊亀公園附属動物園にて週末移動水族館を開催させていただきます。

ニジマスの子供たちやメキシコサラマンダー(ウーパールーパー)をはじめ、
水族館でも大人気のガラ・ルファ、また現在開催中の特別展からちょっと変わった生き物と一緒に
お邪魔しますよ。

生き物の展示(昨年の様子)
ガラ・ルファふれあい(昨年の様子)

 

生き物の展示のほかにも、これまた人気の貝殻工作体験コーナーも行いますので、是非お楽しみに。

貝殻工作体験(昨年の様子)

 

◆開催予定日
1月・・・27,28日(土,日)
2月・・・10~12日(土~月祝)、24,25日(土,日)
3月・・・10,11日(土,日)
◆開催時間
9:30~16:30

 

飼育スタッフ 亀井

2018年01月11日

よちよち泳ぎのかわいい子

先日、二階の企画展示水槽を掃除していたところ、プラティの水槽で1匹の稚魚を見つけました。

どうやら水槽内で繁殖しているようです。

この魚は尾鰭の付け根にある模様から通称ミッキーマウスプラティとも呼ばれており、

飼育が容易なことや様々な色合いの品種があることから人気が絶えない熱帯魚です。

また卵胎生という、メスのお腹の中で卵が孵り、稚魚の状態で産まれてくるという少し変わった出産方法をとる魚としても有名です。

まだまだ幼く、水草に身を隠しながら生きています。

 

現在開催中の企画展「キレイな熱帯魚展」は今月の15日まで開催しています。

この稚魚を観察できる最後のチャンスなので、ぜひお見逃しなく。

 

飼育スタッフ 古根川

 

2018年01月07日

次回特別展準備

水族館では次回企画展の準備が粛々と進んでいます。

 

1月17日(水)開始予定の特別展「変わりもの展」では、色々と変わった特徴を持った生き物たちを展示します。

 

今回はその中の1種類「ナミウズムシ」をご紹介します。

この名前を聞いたことのある方は少ないかもしれませんが、「プラナリア」という名前で知っている方も

いるのではないでしょうか。

 

この生き物は全長1cm前後の小さな生き物で、とても強力な再生能力を持っています。

それはもし体が2つに切れた場合、2匹のプラナリアに再生するほど強力なものです。

更に、再生した2匹はどちらも同じ記憶を持っているというかなり変わっている生き物です。

 

その他にも様々な生き物を展示予定ですので、もうしばらくお待ちください。

 

飼育スタッフ 羽生

2018年01月02日

お正月とマンスリー

新年明けましておめでとうございます。

今年も皆様に水族館を楽しんでもらえるように、スタッフ一同頑張ります。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、今月のマンスリー水槽はおせち料理の1品「イセエビ」です。おせち料理の食材には1つ1つ意味があり、

エビの長いヒゲや、曲がった腰は長生きした人間の象徴と言われているため、

長寿・延命の願いが込められています。

水槽もお重をイメージしているので、イセエビと共にそちらにも注目して頂ければ嬉しいです。

 

また、マンスリー水槽の横に学生ボランティアさんが作ってくれた「森の中の水族館。オリジナルおみくじ」を設置しました。

運勢のほかにも水族館にいる生き物が書いてあるので、おみくじを引いてから館内を回るのもオススメです。

飼育スタッフ 西中

2017年12月30日

餅花

28日より休館の水族館では、館内の至る所で目下大掃除中。
学生ボランティアの方たちに手伝ってもらいながら、
普段掃除しづらい場所を中心に行っています。

さて先日、館内に「餅花(もちばな)」を飾りました。

餅花とは、作物の豊熟した形を模して米の粉を丸めた団子や餅を
柳,エノキ,栗,ミズキなどの枝にさして作られる正月飾りの1つで、
その年の農作物の豊作を祈って作られるものだそうです。

小さい頃に出来上がったものを見たことはあったものの、飾る意味も知らず
作っている様子をみるのも実際に作るのも初めてだったため、
思っていた以上の難しさに戸惑いましたが、近所の子供たちにも手伝ってもらって
楽しく作りあげることができました。
水族館の扉を入って直ぐのところに飾ってあります。

2018年は1月2日(火)から営業です。

本年も沢山のお客様に御来館いただき、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは、皆様よいお年を。

飼育スタッフ 亀井

2017年12月25日

ワカサギの展示はじまりました。

先日よりワカサギの展示をはじめました。

ワカサギはよく知られている魚なので珍しさはあまりないように感じますが、
イワシの様に水揚げ時のダメージに弱いため、他の園館でも展示している場所は少なく、
なかなか泳いでいる姿を見ることは稀です。
また、寿命が短く、平均寿命は「一年」と言われ、短命なところも展示をしづらい一面となっています。
期間限定展示となっていますのでお早めに。

飼育スタッフ加藤

2017年12月21日

ぽっちゃりアイドル

現在、2階では企画展「キレイな熱帯魚展」を開催しています。
その中でもひと際お客様からかわいいと評判なのがこの「ミドリフグ」です。

 

 

ミドリフグはインドネシアやタイなどの汽水域(淡水と海水が入り混じる水域)に生息しているフグの一種です。かなり好奇心が強く、手や指をかざすと近寄ってきたり、水槽越しに人を追いかけたりと、とても人懐っこい性格をしています。見た目もフグらしい丸っこい体をしており、かなり愛嬌のある魚です。

 

かわいい見た目に反し、他のフグと同様にフグ毒で有名な「テトロドトキシン」という毒を持っています。これはエサに含まれる毒を体内に蓄積しているものなので、毒を含まないエサしか食べてこなかったミドリフグは毒を持ちません。

ぜひ一度、好奇心旺盛なミドリフグたちと水槽越しに戯れてみてください。

飼育スタッフ 古根川

2017年12月16日

富士の介がやってきた

14日(木)、水族館1階企画展コーナーにて「富士の介(ふじのすけ)」の展示が始まりました。

山梨県が新たなブランド魚として開発した「富士の介」は、キングサーモン(父)とニジマス(母)の交配種で、
3年養殖したものは全長約70cm,体重約3kgに成長する魚です。
極めて美味とされるキングサーモンと丈夫で育てやすいニジマスの掛け合わせのため、
飼いやすいだけでなく、きめ細やかで脂のりの良い身が期待されています。
先月中旬から県内養殖場で現地実証試験が開始され、2020年の出荷を目指しているのですが、
今回はこの富士の介をより多くの方々に知って頂きたく、水族館での展示が決まりました。
水槽で泳いでいるのは、体長40cm越えの体重1.5kgほどある2歳魚です。

作出方法などのパネルと一緒に展示していますので、是非興味をもっていただけると嬉しいです。
食べられるようになる日が待ち遠しいですね。

飼育スタッフ 亀井
2017年12月14日

見上げる視線

水族館1階で現在開催している企画展「湧き水に棲む生き物」には「エゾサンショウウオ」という両生類の仲間を展示しています。

 

エゾサンショウウオは、名前の通り北海道の一部にのみ生息している日本固有種です。

当館では数種類のサンショウウオを飼育していますが、その中でもとても人懐っこい性格をしていて、ピンセットから直接餌を食べます。

餌の時間になり水槽の蓋を開けると、一斉に真上を見上げて餌を待っています。

サンショウウオ達の食欲はかなりのもので、餌を咥えている個体に他の個体が近寄ってきて、横取りしようと喧嘩になることもあるくらいです。

 

もしサンショウウオ達のお腹が空いていたら、あなたの事をまっすぐ見つめてくるかもしれませんよ。

飼育スタッフ 羽生