2020年05月21日

オタマジャクシ、○○が生えておったまげ~

 

臨時休館が続いていた水族館は明日5月22日から営業再開することになりました。

皆様のご来館お待ちしております。

 

さて、以前から紹介しているヤマアカガエルのオタマジャクシですが、最近ある変化がありました。

皆さんはオタマジャクシがカエルになるとき、何から変わるかご存じですか?

ある程度大きくなったオタマジャクシの尾の付け根をよく見ると、

後ろ足が生えているのが分かります。

 

この足、実は皮膚の中で成形されており、そのうち皮膚を突き破って出てきます。

では、足の次は何が変わるのか。正解は次回のブログで紹介します。皆さんお楽しみに。

 

飼育スタッフ 古根川

2020年05月18日

足元を見てみよう③

最近、最高気温が20度を超え過ごしやすい日が続いています。

お昼休みの時間になると花の図鑑を持って水族館の敷地内を散策しています。

イワニガナ

花はよく見るけど名前が分からなかったり、名前の由来を知らないものばかりだったので、

新たな発見がありとても楽しいです。

ムラサキツユクサ

今日見つけた花は「ヘビイチゴ」です。

ヘビイチゴ

花は黄色ですが初夏になると赤い小さな実をつけます。

名前に「ヘビ」がついている通り、由来は「ヘビが出そうなところに生える」や

「果実が食用にならずにヘビが食べる」「イチゴを食べに来る小動物をヘビが狙う」など、

ヘビにまつわることばかりです。

とても可愛らしい花なので探してみてください。

飼育スタッフ 西中

2020年05月17日

今日のアカハライモリ その⑥

アカハライモリの卵を採取して約1ヶ月が経とうとしています。

どの卵も形がはっきり見えるまでに成長しました。

もうすぐ孵化しそう!

そして先日、ついに卵が孵化して小さなアカハライモリの幼生が誕生しました。

産まれました!

これで最初の難所(孵化)を突破したので、今後は幼生を餓死させないように給餌を徹底していきます。

これからも時間をかけてアカハライモリの成長を見守っていきます。

 

飼育スタッフ 一見

2020年05月16日

ビオトープ 2年目の春

2階ウッドデッキのビオトープにも花が咲く季節がやってきました。

 

こちらのキショウブは去年より多くの花を咲かせてくれました。

 

中央の浮島には植えたはずのない花が咲いていてびっくりしました。

 

花が咲くと昆虫がやってきたり、鳥が寄ってきたりするのでよく観察して、

また皆さんにご紹介できればと思います。

 

飼育スタッフ 鷲雄

2020年05月14日

ついに孵化!

 

5月9日に紹介したホトケドジョウの卵ですが、ついに孵化が始まりました。

2、3日前から始まっていて、早い個体だと眼が形成され始めているのが確認できます。

 

どの生物にも言えることですが、生まれたばかりの子供はとてもデリケートです。

水替えをする際は水温が違わないか、誤ってスポイトで吸い込んでしまわないかなど、

細心の注意を払って行っています。

慎重になればなるほど愛情が増すので、今後の成長がとても楽しみです。

 

飼育スタッフ 古根川

2020年05月12日

水族館から見られる野鳥③

さかな公園に夏鳥がたくさん訪れるようになり、

鳥の声でにぎやかになってきました。

 

なかなか姿を見つけることが難しい鳥であり、

背中の瑠璃色が特徴的な「オオルリ」は他の鳥よりも一際大きく鳴いています。

 

ですので水族館2階のデッキからも「ヒーリーリー、チチン」とよく聞こえてきます。

 

お昼休憩の間に撮ったオオルリをぜひご覧ください。

 

飼育スタッフ 山﨑

2020年05月11日

マイクロアクアリウムコーナーリニューアル②

以前よりブログでお伝えしているマイクロアクアリウムコーナーのリニューアルですが、
木材を切って組み立てる作業に取り掛かりました。
切る長さが間違っていないか図面を見ながらチェックしていきます。
細かい数字が沢山書いてあります!
また、前面や側面に貼るパネルの作成も同時並行で進めています。
生態を詳しく知ることができる解説パネルや、
遊び心を持たせたパネルなど、
様々な工夫を凝らしてマミズクラゲやプランクトンを紹介します。
リニューアルまであと1ヶ月を切っているので頑張って作業を進めていきます。
日々の飼育作業も頑張ります!
飼育スタッフ 西中
2020年05月10日

プランツトリマー再び

水草水槽のアゼに生えている植物たちが、数週間の間でまたもやジャングル状態になってしまいました。

ビフォー

アゼに緑があふれているのは良いことですが、周りを占領して生き物がアゼに登れなくては意味がありません。

その為、今回も伸びすぎた植物のトリミング作業を行いました。

今までは伸びすぎた葉や枯れた葉だけを取り除いていましたが、アゼに空間ができるよう大胆にトリミングをしてみました。

アフター

これで少しは生き物がアゼへ登りやすくなったのではないかなと思います。

飼育スタッフ 一見

 

2020年05月09日

産んだ 産んだ ホトケが産んだ

 

先月23日にホトケドジョウの繁殖準備を紹介しましたが、今年も無事産卵してくれました。

今のところ約500卵回収しましたが、まだまだ産卵は続きそうです。

 

産卵しなくても、ホトケドジョウ達は産卵容器を隠れ家として使っているようで出入りを繰り返しています。

違う、そこじゃない

 

このまま順調に育てば孵化が始まるので今から待ち遠しいです。

飼育スタッフ 古根川

2020年05月08日

ストーリーの公開をしています。

最近流行りのインスタグラムのご紹介をします。

公式アカウント「森の中の水族館。」では

館内の生き物や飼育スタッフだけが見れる光景、生き物の観察ポイントなどを投稿しています。

 

臨時休館の最中ですが、普段見られないバックヤードや、

魚の搬入など「ストーリー」を使って動画の公開も行っています。

 

#森の中の水族館。で検索して、ご覧ください。

 

飼育スタッフ 山﨑