2017年12月16日

富士の介がやってきた

14日(木)、水族館1階企画展コーナーにて「富士の介(ふじのすけ)」の展示が始まりました。

山梨県が新たなブランド魚として開発した「富士の介」は、キングサーモン(父)とニジマス(母)の交配種で、
3年養殖したものは全長約70cm,体重約3kgに成長する魚です。
極めて美味とされるキングサーモンと丈夫で育てやすいニジマスの掛け合わせのため、
飼いやすいだけでなく、きめ細やかで脂のりの良い身が期待されています。
先月中旬から県内養殖場で現地実証試験が開始され、2020年の出荷を目指しているのですが、
今回はこの富士の介をより多くの方々に知って頂きたく、水族館での展示が決まりました。
水槽で泳いでいるのは、体長40cm越えの体重1.5kgほどある2歳魚です。

作出方法などのパネルと一緒に展示していますので、是非興味をもっていただけると嬉しいです。
食べられるようになる日が待ち遠しいですね。

飼育スタッフ 亀井
2017年12月14日

見上げる視線

水族館1階で現在開催している企画展「湧き水に棲む生き物」には「エゾサンショウウオ」という両生類の仲間を展示しています。

 

エゾサンショウウオは、名前の通り北海道の一部にのみ生息している日本固有種です。

当館では数種類のサンショウウオを飼育していますが、その中でもとても人懐っこい性格をしていて、ピンセットから直接餌を食べます。

餌の時間になり水槽の蓋を開けると、一斉に真上を見上げて餌を待っています。

サンショウウオ達の食欲はかなりのもので、餌を咥えている個体に他の個体が近寄ってきて、横取りしようと喧嘩になることもあるくらいです。

 

もしサンショウウオ達のお腹が空いていたら、あなたの事をまっすぐ見つめてくるかもしれませんよ。

飼育スタッフ 羽生

2017年12月08日

最近の源流水槽

10月末に水族館にやってきた源流水槽のイワナたち。
来たばかりの頃は、もともと臆病な性格であることもあって
岩陰などに隠れていることが多かったのですが、
最近では水槽にも慣れてきたようで、 ゆったりと泳いでいる姿を
見られることが多くなってきました。

彼らを驚かせないようにと水槽の後ろの岩陰に隠れながら
やっていたエサやりも、 上から姿が見えても食べてくれるようになりました。

食べ方にはまだまだ警戒心が見えますが、
寄ってきてくれるようになるまであと少し。

飼育スタッフ 亀井

2017年12月05日

大活躍した生き物

今年も早いもので残り1か月になりました。

最近は朝晩が冷え込みますので、路面の凍結にご注意ください。

今月のマンスリーは飼育スタッフが選ぶ、水族館で今年大活躍した生き物「ガラ・ルファ」です。

トルコなどの西アジアの河川域に生息する淡水魚で、古い角質などを食べてくれる事で有名なコイの仲間です。

当館では普段は2階のふれあい水槽にいます。ふれあい体験をしている施設は多くありますが、

1種類の魚として見る事はなかなか無いと思いますので、この機会にじっくりと観察してみて下さい。

よく見ると可愛らしい顔をしていますよ。

飼育スタッフ 西中

2017年12月01日

美しい闘う魚

企画展「きれいな熱帯魚展」が始まって、1ケ月が過ぎました。

来館されたお客様から「すごいキレイ」と言っていただけることがあり、

とてもやりがいを感じています。

 

今回はその中の、ベタという魚を紹介します。

この魚の原産国はタイですが、ペットショップなどでよく販売されている

非常に有名な熱帯魚で、品種改良が盛んに行われています。

また、闘う魚「闘魚」としても知られ、オス同士だとすぐに威嚇しあいます。

その際、エラとヒレをめいっぱい広げて威嚇するのですが、その姿がとてもキレイで、

この行動はフレアリングと呼ばれています。

 

そんなベタですが実は人懐っこく、人を見るとエサ欲しさにフリフリと近寄ってくるなど

可愛らしい一面も持っています。見ていて飽きない魚です。

 

他にも、様々なキレイな熱帯魚がいます。是非お楽しみください。

 

飼育スタッフ 古根川

2017年11月26日

搬出と搬入

今月の20~21日にかけて二重回遊水槽の内側の魚の入替を行いました。
こちらも毎年恒例の行事となっており、飼育員総出の一大行事です。

20日に水槽の水をヒザの高さまで抜き、

魚を取り出して21日に活魚車で運ばれてきた魚たちを運びこみます。

その数およそ4000匹。

何回も往復するので、次の日には筋肉痛で足腰が痛くなっているのは言うまでもありません。
飼育スタッフ 加藤
2017年11月21日

クラゲ成長中

11月13日より生まれてから3、4週間目のマミズクラゲを展示開始しました。

大きさは3から5ミリ程と、とても小さいですが、エサのワムシを食べて、毎日少しずつ成長しています。

大人のマミズクラゲは傘のところに生殖腺と呼ばれる4つの白い器官があるのですが、

生まれて1、2週間目の子供のクラゲは生殖腺が発達していないため見ることが出来ません。

成長して生殖腺が見えてくるようになると、大きくなったなと感慨深い気持ちになります。

展示を開始したクラゲ達の生殖腺の有無にも注目していただければ嬉しいです。

飼育スタッフ 西中

2017年11月16日

リラックス

現在水族館1階では、企画展「湧き水に棲む生き物」を開催しています。

 

その展示生物の中で頻繁に不思議な行動をする生物がいます。

 

この写真に写っているのは「タウナギ」という魚ですが、これは死んでいる訳ではありません。

タウナギやナマズ、ウナギの仲間などはリラックスしていると、写真のように脱力してひっくり返ることがあります。

お客様から「これ死んでいるんじゃ?」と心配する声も聞こえてきますが、少し刺激があるとすぐに起き上がるので安心してください。

皆さんもパッと見たときに、彼らの巧妙な演技に騙されないようにしましょう。

飼育スタッフ 羽生

2017年11月13日

カメさんたちのお引越し

先日、源流水槽と上流水槽の魚のお引越しをしましたが、
昨日はカメ池のカメたちのお引越しを行いました。

こちらも毎年恒例で、寒さが厳しくなってくると外のカメ池は凍ってしまい、
カメたちが生活できなくなってしまうため、その前に館内やバックヤードに
避難します。
水族館内の<岸辺の魚水槽>で、元気に泳いだり、のんびり休憩している姿に出会えますよ。
運が良いと、水槽の中を泳いでいる可愛らしい姿を目撃できるかも

飼育スタッフ 亀井

2017年11月09日

ぶじ孵化しました

一月以上前になりますが、ブログでご紹介したマスの卵たち。
 

現在では、人工の餌にも慣れ、すくすくと育っています。
マスやサケの卵は、一日の平均水温を毎日足していき、
合計がある「温度」に達すると孵化するという特徴があります。
ただ、種類によってある「温度」は違い、ニジマスだと300℃ほど
になります。

一月くらいは卵のままなので、元気に産まれてくれるとほっとしますね。

飼育スタッフ 加藤