2016年04月26日

魚拓を作ろう

先日、水族館では「魚拓」を作るイベントが行われました。
ただこの魚拓、普通の白黒の物ではなく、色をつけた「カラー魚拓」になります。
やり方はとっても簡単で、ポンポンと優しくたたきながら色を付けていくだけで、
きれいな魚拓ができあがります。
P4241394
みなさんそれぞれ味のある作品が出来上がっていました。P4241395

飼育スタッフ 加藤

2016年04月20日

まだまだ元気

ここ忍野村にもやっと春がやってきました。
さかな公園の桜も奇麗に咲いています。
これで車のタイヤも冬用から夏用に替えられます。
P4201365
今年2月に紹介した「クリオネ」ですが、
沈んでみたり、泳いでみたりとまだまだ元気に泳いでいます。
P4201371
P4201374
気温が暖かくなり結露が若干気になりますが
ゴールデンウィーク期間中も展示したいと思います。

                        水族館  伊藤

2016年04月16日

延長決定

日頃より、楽しんでいただいている「ガラルファ触れ合い体験」の延長が決定しました。
本来ならば4//18まででしたが、多くのお客様の声を頂き、今年度は一年を通して触れ合うことが出来るようになりました。
IMG_0003
これからもマナーやルールを守って楽しく触れ合いましょう。

生き物の状況によっては中止にする場合がありますのでご了承ください。

飼育スタッフ 加藤

2016年04月12日

空およぐ

暖かいなと思える日が徐々に増え、やっと冬物コートを完全に仕舞えそうです。
長く伸びた立派なつくしも発見し、日々春が進むのを感じます。
つくし
さて先程、入口に大きな鯉のぼりを飾り、ちょこっとした模様替えを行いました。
設置
綺麗な青空と時々吹いてくる穏やかな風が心地よく過ごしやすい今日、
早速そよ風に揺られる鯉のぼりたちは気持ちよさそうで、その姿も空によく映えていて、
出来上がり確認はちょっとした癒されタイムでした。
およぐ
水族館でもこの時期ならではの風景に癒され、楽しんでいただけると嬉しいです。

飼育スタッフ 亀井

2016年04月08日

アユの展示、始まりました。

今年も、アユの展示の季節がやってきました。
まだまだ桜の便りはありませんが、アユの展示が始まると、一足早い春を感じます。
P4051283
今回の展示では、ざっと5000匹。
伊藤ブログ 007
今後、もっと数が増えていきますので、きっと迫力のあるアユ達の泳ぎが見れるかと思います。

飼育スタッフ 加藤

2016年04月03日

さかな公園

現在、子供たちは春休み真っ只中。水族館の後ろのある「さかな公園」では
連日子供たちの遊ぶ声が聞こえてきます。

この公園には大きい遊具があり、約7mある滑り台。
P4031270
※ 滑り台

高さ3~4mあるロープのジャングルジム。
P4031271
※ ロープのジャングルジム

持ってきたお弁当を食べる東屋。
P4031273
※ 東屋

現在はまだ寒いため水が止まっていますが
富士山の湧水を使ったジャブジャブ池等があります。
水族館を見学した後は「さかな公園」で遊んでみるのも楽しいかと思います。

                  水族館  伊藤

2016年03月30日

ピカピカの水槽

いつもは当館スタッフが行っている上流水槽の清掃作業ですが、
一昨日そして休館日の昨日は専門業者の方々に、日々の作業
では出来ない汚れの除去や傷の補修をしていただきました。
BlogPaint
この間は魚たちも水族館裏側に一時引っ越ししていたため、
姿をみることが出来ずご迷惑をおかけいたしましたが、現在は戻ってきました。
泳ぐ魚
水族館にご来館の際は、すっかり綺麗になった水槽で
気持ちよさそうに泳いでいるヤマメやアマゴたちにも
癒されていただけると嬉しいです。

飼育スタッフ 亀井

2016年03月27日

春よ来い

各地で桜の開花が発表されていますが、水族館の桜は、
まだまだつぼみが硬く、花が咲くまで時間がかかりそうです。P3271263

先日も雪が舞ったり、なかなか冬が過ぎ去りません。
けれど、足元を見ると、誇らしげにフキノトウが顔をだして
一足早く、春の訪れを感じさせてくれました。
P3271269

暖かい春が待ち遠しいですね。

飼育スタッフ加藤

2016年03月24日

カメはどこ

今日の忍野村は雪が舞っています。現在の気温は3℃。
昨日の暖かな陽気がウソのようです。
この寒さから、現在、水族館2階デッキのカメ池には魚を放しています。
もともといたカメはどこへ行ったのかと言いますと、
館内の「岸辺の水槽」に移動しています。
湧水の里写真 010
※「岸辺の水槽」

この水槽の水温が約20℃と快適な温度なのか、
水槽内を泳いだり、
P3241285
※ クサガメ

保温電球の下で休んだりと寛でいます。
P3241280
「岸辺の水槽」の擬岩と見分けがつきにくいですが、
お時間ございましたら見つけてみて下さい。

                                           水族館  伊藤

2016年03月19日

アユ

水族館入口のマンスリー水槽で1月に展示していた
透明な生き物「氷魚(ヒウオ)」。
PC311094
実はアユの赤ちゃんたちだったのですが、今では
すっかり成長し、とってもアユらしくなりました。
今あゆ

そして4月中旬から外池にはたくさんのアユが仲間入りします。
上からや横から、アユの群れを間近で見ることが出来ますので、
ぜひお楽しみに。
アユ外アユ中

飼育スタッフ 亀井