2019年02月11日

冬の輝き

2月になり、忍野村の寒さもぐっと厳しくなりました。

 

朝や夜の気温は氷点下となり、

バケツに水を汲んで一晩経つと、カチカチに凍ってしまいます。

 

それだけでなく、網など色々な道具も凍ったりしますので

「まずは氷を溶かしてから」

など普段の飼育作業もとても大変になります。

 

 

しかし寒さが厳しくなる中、

この冬でしか見ることの出来ない「つらら」が屋根に現れます。

 

 

日中は日が当たって解けてしまいますが

毎日毎日作られていく姿や、

日が当たった時に輝きを放つツララを見ると

ぐっと心が温まり感動します。

 

 

気温が寒く縮こまって下を向きがちですが

たまに上を向くと、心が温まる事と出会えるかもしれませんね。

 

飼育スタッフ 山﨑

2019年02月03日

Mitten crab(手袋ガニ)

今回は新しい生き物の紹介です。

 

以前、お客さまからのご要望で

「カニやエビなどの甲殻類が見たい」とのご意見がいくつかありました。

今までサワガニ、アメリカザリガニ、テナガエビと展示に追加してきましたが、

さらにご要望に応えるべく、新しい甲殻類が仲間入りしました。

その名も「モクズガニ」です。

このモクズガニの特徴はなんといっても腕に生えた大量の毛です。

ただ、何の為に生えているのかなどの解明が進んでおらず、

センサーのような働きをしているのではないかと言われています。

また、食用として有名な「上海蟹(チュウゴクモクズガニ)」の近縁種でもあり、

本種も地域によっては3,000円以上の高値が付くこともあります。

まれに脱走をもくろんで壁をよじ登ろうとするなど、活発に動き回ることもあるので見ていて飽きない生き物です。

飼育スタッフ 古根川