2018年07月14日

暑い日にこそ

日本全国大雨の後に猛暑日の予報が続いています。

ですが、そんな時こそ水族館の出番です。

 

当館は富士山の湧き水をふんだんに使った水槽により館内はとても涼しく保たれています。

また、展示されている生き物の中にもとても涼しげな魚がいます。

「トランスルーセントグラスキャット」という熱帯魚は、「半透明のナマズ」という意味の通り、

体の大部分が透明になっています。

透明な体というのは、周りの景色に溶け込むという点において、とても優秀な保護色となっています。

 

暑い日は涼しい館内で涼しげな魚を眺めてみませんか?

飼育スタッフ 羽生

2018年07月09日

カブトムシの王様

7月4日(水)から特別展「むし・虫・蟲」が始まりました。

今回紹介する生き物は、私の一押しの生き物「ヘラクレスオオカブト」です。

世界最大のカブトムシとして、とても人気がある生き物です。

オスは大きな体に、長い2本の角、そして黄色い前翅があるのが特徴です。

名前はギリシャ神話のヘラクレスに由来していて、見た目も名前もとても格好良いです。

 

水族館の2階には生き物だけではなく、様々な昆虫の標本も置いてあります。

種類によって色や形が全然違うので、観察してみて下さい。

 

飼育スタッフ西中

2018年07月05日

虫。はじまります。

7月2日(月)をもって企画展1階「歌に出てくる生き物」、2階「メダカの学校」は終了しました。

 

その為、飼育スタッフ全員で展示替えを行いました。

 

 

 

 

7月4日(水)から特別展「むし・虫・蟲」が始まりました。

 

 

梅雨も明け、気温もかなり上がり夏本番ももう目の前です。

夏といえば、たくさんの昆虫の仲間が活動を始めます。。

 

陸上で活動する昆虫だけでなく、水中で活動する昆虫もいます。

今回の特別展では、それらに加え、奇蟲と呼ばれる虫に近い仲間も展示しています。

夏を感じに虫たちをご覧ください。

飼育スタッフ山﨑